印刷の方法と用途:大判出力と懸垂幕

印刷

insatu

現在ではさまざまな意味で用いられ、場面によってニュアンスが微妙に変化するという種類の言葉がある。
たとえば、元来「印刷」とは、平面で表現された物を複製するための技術を指す言葉である。それが、現在ではさまざまな考え方に沿った技術が用いられるようになり、一概に定義することが難しい言葉でもある。
「プリント」と「コピー」、「印刷」という言葉の区別が厳密には出来ないというのがその好例である。

15世紀のドイツにおいて、グーテンベルクが発明したとされる活版印刷が成立する以前にも印刷はあった。
日本を始めとした東洋諸国には木版を使った技術が存在し、日本では浮世絵の作成などで知られている。俗に言う版画である。

近代以後の、大量生産や消費社会の成長に見合った技術は活版を使ったものであった。この技術をベースとして、現代に至るまでこのことは行われている。

印刷版

「活版」を使ったものを祖とする近代以後の印刷技術には、時代とともに多様化しつつ存在する、さまざまな「版」が不可欠である。
活版プリントの基本的な構造は、写し取りたい元の原稿の文字列を刻み込んだ金属製の「版」を使うものである。そこにインクを塗って紙を押しつけ、凹凸を利用して、紙に写しとるのである。

そのための「版」には、凸版や平版がある。凸版は、凸型に浮き出た文字などを並べた版にインクを塗り、プリントする方法である。
凸版は、長らく代表的な方法として書籍や新聞などに使われてきたが、凸型の版を紙に押しつけるときに、その文字の形に紙が凹んでしまうというデメリットもあった。
現在では、紙に凹みを作らない平版という「版」を使ったものが主流で、凸版は書籍の印刷などからは撤退している。

用途

kensuimakuプリントの技術は、上記のように基本となる「版」を作り、それによって紙に情報が刷られるということが基本である。
一般書籍から雑誌や写真、ポスターや懸垂幕(垂れ幕)など、この技術を用いた製品は数多く存在する。

「プリント」というふうに呼ばれるものも含めて言うなら、ポスター用の大判出力でのプリントや布へのプリントなど、語られなければならないことはいくつか存在する。
布へのプリントについて書くのであれば、その方法は「インクジェットプリント」と呼ばれる方法が主流になっている。「版」を使用しない、プリンターの機能によって印刷を行う技術である。



チラシのデザインで評判のある|印刷センター.com